肝機能を回復する肝臓に良い食べ物・食生活

肝臓に良い食べ物・食生活

肝臓はアルコールの分解や消化、代謝など実に多くのことを処理してくれる大変便利な臓器ですが、肝臓ばかりに負担をかけ過ぎてしまうと病気にかかりやすくなります

 

そのような状態になる前に肝臓になるべく負担をかけない生活習慣を心掛けたり、もしなってしまったら肝機能の改善に努めなければなりません。

 

肝機能の改善などに特にいいと思われる食品だけを食べるのではなく、バランスを考えた食事を摂ることが最も重要です。

 

肝臓に良い栄養素

 

まず、肝臓にとって大事な栄養素はビタミンです。肝臓はビタミンを貯蔵する臓器なのでビタミン不足の状態になってしまうと肝機能が低下してしまいます。

 

その他に肝臓にとってよいとされる栄養素はタウリン、アラニン、グルタミンと良質なタンパク質なのでいずれもバランスよく摂ることが重要です。

 

タウリンやオルニチンなどは牡蠣エキスを配合したサプリから補給すると効果的です。

 

食事をこまめにとる

 

空腹の状態でアルコールなどを大量に摂取すると、肝機能に大きな負担をかけることになるのでなるべくこまめに食事をとり肝臓にかける負担を減らす必要があります。

 

タンパク質は肝臓に良い

 

タンパク質の中でも、特に良質なタンパク質は卵、牛乳、大豆、脂肪分の少ない肉や魚に豊富に含まれています。

 

タンパク質の働きは臓器の修復を行うので、肝機能が低下している人は肝臓が弱っている可能性があるので肝臓の細胞修復にも有効です。

 

お酒を飲まない人も油断禁物

 

不思議なことにお酒を全く飲まない人にもアルコール性脂肪肝と同じような症状がでることがあります。この場合は肝臓に中性脂肪が過剰に蓄積したのが原因で、これは糖尿病や肥満の方がなる傾向があるのでお酒を飲んでいないからといって安心は出来ません。

 

お茶の飲み過ぎは肝臓に悪い

 

美容や健康にお茶を飲んでいる人はいますが、カラダにいいからといって多量に飲むことは好ましくありません。

 

お茶に含まれているタンニンは引き締め作用があることからダイエットや美肌効果があるのですが、ミネラルと結合して流れてしまうことがありミネラル不足に陥ることがあり疲れ気味、眠気を感じるなどの症状があらわれます。なのでなるべく適量に飲むことをおススメします。